読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだモノなんか捨ててるの?

ミニマリストを煽る唯一のミニマリスト、しゃどみとは私のことです。

最近のミニマリスト系ニュースまとめ

最近ミニマリストがメッチャニュースで取り上げられてますね。

ピックアップしていきます。

www.sankei.com

 

www.asahi.com

 

www.nikkan-gendai.com

 

dot.asahi.com

 

news.mynavi.jp

 

dd.hokkaido-np.co.jp

 

グーグル先生のニュース検索で調べただけでこんなに出てきます。

news.mynavi.jp

 

連載まで始まってます。

 

 

同じミニマリストとして、ミニマリストがメディアを賑わせていることは非常に嬉しいです。

私の大好きなミニマリズムがもっと広がるきっかけになると思ってますから。

 

でも、一つだけ、あえて苦言を呈したい。

 

「なんか意識高い系になり過ぎてませんか??」

 

 

意識高い系として情報発信することにメリットはない

 

意識高い系は大体(笑)をつけられてしまう属性です。

みんな意識高い系は嫌いだし、距離を置いてます。

 

意識高い系として発信した際の反応は大きく分けて二つです。

 

・自分とは別世界のことだと思われてしまい、距離を置かれる。

・イラつかせてしまい、揚げ足取りをされる。

 

どちらも発信者としては最悪のリアクションですね。

なぜわざわざ情報を発信するのか、共感してもらいたいからですよね?

意識高い系の発信は共感から最も遠ざかってしまいます。

 

うまく自分を下げる技術を

意識高い系にならないために必要なことは

「自分をうまく下げること」

です。

 

自虐を自然に挟むことで「共感」や「隙」を作るテクニック、ミニマリズムを叩かれずに広めるために必須だと思います。

 

ミニマリズムのメリットだけでなく、ミニマリズムでやらかした失敗談を語る。 

・プロフィールにマイナスの経歴を織り交ぜる。

ミニマリズムを実践できない人たちへの配慮も入れる。

 

などなど、有効だと思います。

 

もしかしたら、メディアが編集する際にバッサリこの辺をカットしているだけかもしれませんが・・・。

 

 

じゃあ誰がインタビュー受けたらいいの?

「文句あるならお前がインタビュー受けろよ!」 

 との批判、御尤もでございます。

ですが副業完全禁止の昭和型企業で日々社畜として働く私にとって、

顔出しは完全にアウトです。

なので、他の意識低い系ミニマリストにインタビューをお願いすることにしますね。

 

an32.hatenablog.com

astudyinscarlet.hatenablog.com

abookshelf.hatenadiary.jp

 

↑3名が私のおススメする意識低い系ミニマリストです。

 

ミニマリストにインタビューして記事を書きたい記者の皆様、

意識低い系ミニマリストはいかがですか?

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ