読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだモノなんか捨ててるの?

ミニマリストを煽る唯一のミニマリスト、しゃどみとは私のことです。

500万円の中古マンションを買うのを辞めた話

ライフスタイル

ミニマリストなのに家を所有してるとか(笑)

 家持ってる奴はミニマリスト失格だわ〜」

 

みたいに思ってたんですが、弊ブログのチャットオフ会によく参加してくれるカワ氏の意見を聞いて、ちょっと家が欲しくなってきました。

 

「そんなに高くない物件をローンで買って、自分で住んで10年以内にローン返して、その後は売って別の家を買うなり、貸しに出すなりすればいい。」

 

ざっくり言うとそんな感じです。

なるほど、売りやすい便利で小さい家なら所有してても足枷にはならなさそうですね。

 

年間250万は貯金している社畜の私、

syadmi.hatenablog.com

そろそろちょっとしたマンションくらいなら買えるお金が貯まってきました。

 

現金だけで貯めるのもリスク高いし、不動産にでも手を出すかな〜と思って物件サイトを見ていると、ありました、素晴らしい物件が!

 

駅徒歩3分、18平米、風呂トイレキッチンバルコニー洗濯機置き場全てあり、築30年。

現状、私が住んでいる家賃32000円の部屋とほぼ同条件。

むしろ最寄駅がターミナル駅になる分条件はいい!

このマンションがなんと約500万円!

あれ、今の貯金でも頑張れば一括で買える??

 

これ買ったら家賃の支払いがなくなるぞ!

よし、検討しよう!

 

 

ここから、如何にして私がこのマンションを買うことをやめようと思ったかを述べていきます。

今のマンションに住み続けて家賃を32,000円毎月払い続ける場合と、このマンションを買った場合を比較します。

 

毎月の支払い

マンションって買っても、毎月の支払いがゼロになるわけじゃないんですよね。

管理費と修繕積立金は、マンション購入後も払い続けなければいけません。

この物件は管理費と修繕積立金を合わせると毎月9000円の支払いが必要です。

購入:  9000円×12ヶ月 = 108,000円 / 年

賃貸:  32000円×12ヶ月 = 384,000円 / 年

 

税金

固定資産税って意外と高いんですよね。

マンション評価額の1%が固定資産税とすると、年間5万円。

ざっくり調べた感じだと、もうちょっと高いかも・・・。

購入:5万円

賃貸 :0円

 

設備メンテナンス費

自分の持ち家ですと、設備が壊れたら自腹で直さないといけません。

修繕積立金はマンションの共用部分とか外壁を直すだけの費用で、個人の設備修理費にはならないみたいです。

エアコン、給湯設備、水道関係、これらは10年に一度は5~10万円くらいの修繕が必要でしょう。

年間2万円ずつ、10年間で20万円を積み立てるとしましょうか。

 

購入:2万円

賃貸 :0円

 

その他費用

火災保険はどっちみちかかるので、ここでは無視です。

賃貸の場合、更新料や更新事務手数料、保証会社の更新料などが必要な場合が多いのですが、

築30年前後のボロ物件はこうした費用がかからないことが多いです。

実際に今、私が住んでいる部屋は更新にかかる費用は無料です。

保証会社も連帯保証人がいるので不要でした。

 

 

 

さて、それでは20年間住んだ場合の、それぞれの費用を確認してみましょうか。

 

購入 178,000円×20年間=356万円

賃貸  384,000円×20年間=768万円

 

差額は412万円。

結構な金額が浮きますね。

では、マンションを買うのに必要なコストはどのくらいでしょうか?

 

500万円のマンションを買うために必要なコスト

 

500万円の物件ですが、購入するには色々な諸経費が必要です。

印紙税、仲介手数料、不動産取得税、建物登録の手数料、司法書士への報酬などなど。

大体物件価格の10%くらいは全部合わせてかかるみたいです。

つまり500万円のマンションを買うときには550万円くらいは必要です。

 

 

 

 

マンションを購入して20年住んだ場合、20年間賃貸した場合と比べて、

550万円 - 412万円 = 138万円の赤字です。

ですが資産として築50年のマンションが残ることになります。

このマンションを138万円以上で売ることができればこの不動産投資は成功したことになります。

 

 

・・・、築50年のマンションって、将来売れるの?

それにこのシミュレーションは家賃が下がらないことを前提としています。

実際は今住んでいる築30年の部屋は、10年後には家賃2万円台になっているでしょう。

購入したマンションはどんどん劣化していくので、修繕積立金は増えるかもしれません。

 

そうなると購入することで浮く費用がどんどん小さくなります。

 

となると、30年くらいは住む、もしくは誰かに貸さないと元がとれないんじゃないだろうかと懸念しています。

誰かに貸す場合、空室リスクを抱えることになります。

空室になって家賃が入ってこなくても、修繕積立金等は支払わなければいけません。

 

ベストは自分で住み続けることですが、今後自分のライフスタイルが変わって、住む場所や同居人が変わる可能性が大きいです。

そうなった場合、スムーズにマンションを売却したり誰かに貸したりできるのでしょうか?

 

 

やはり家は持たずに、ライフスタイルの変化に応じて借りた方がいいんじゃないか?

 

これが私の結論です。

 

素人がネットで調べてシミュレーションした結果なので、間違いがあればご指摘願います。

 

現状の結論は、

「家は買わずに借り続ける」

です。

 

ミニマリストの皆様、家は欲しいですか?

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村