読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだモノなんか捨ててるの?

ミニマリストを煽る唯一のミニマリスト、しゃどみとは私のことです。

自分が老害になる日

昭和の価値観を引きずり、それらを我々平成世代に強要してくる通称「老害」。

 

日々老害たちにはイライラしています。

 

老害「おい!ボーナスでは何を買うんだ?え?貯金?近頃の若いもんはこれだから軟弱なんだよ。俺が若いころは全額バイクにつぎ込んで・・・」

私の心の声「(終身雇用と定期昇給が当たり前だった時代とは違うんだよ!そもそも正社員を最後まで維持できるとは限らないんだから、貯められるときに貯めとくのが普通だろうが!)」

 

老害「そろそろ車を買わないのか?車がないと彼女ができないぞ!いい車を買って、それを乗りこなすのが立派な男。俺の若いころはスカイラインの・・・」

私の心の声「(こんなに交通インフラが発展してるのに、車なんか所有する意味ないんだが??電車でデートすればいいし、必要ならレンタカーでいいんだが??)」

 

老害「まだ結婚しないのか?結婚して子供を育てないと、一人前として認められないぞ!」

私の心の声「(結婚して子供を育てる以外にも幸せなんかいくらでもあるだろ!そもそも、お前らに一人前として認められるために生きてるわけじゃねーよ!)」

 

 

等々、老害たちとは全く意見が合いません。

技術の発達が早すぎる現代社会、世代間ギャップはどんどん大きくなるでしょう。

 

 

・・・あれ、ということは、私も将来老害となるのか?

自分の価値観を一回り以上年下の人間にドヤ顔で押し付けるようになるのか?

 

自分が老害になったらどんな感じなんでしょうか?

ちょっと考えてみました。

 

30年後の私「おい、今パソコンは何使ってるんだ?え、家にパソコンないのか??これだから今の若いやつは・・・。携帯端末だけじゃインターネットを使いこなせないぞ!俺の若いころは、WindowsXPというのがあってな・・・」

未来の若者の心の声「(まだパソコンなんか家で使ってるの?電脳を使いこなせば、端末なんか所有する必要ないのに・・・。)」

 

30年後の私「この前宇宙旅行に行ってきたらしいな!ちゃんと記事にして、ネットにアップしたか?え、してない?これだから今の若いやつは・・・。俺の若いころはブログというのがあってな、そこに自分の経験や生活の知恵を書いて世界中と共有してたんだぞ。ブログ村ランキングというのがあってだな・・・」

未来の若者の心の声「(まだ文章とか動画をアップロードしてるの?バーチャルリアリティログをアップすればそれで十分でしょ。電脳ネットワークで世界中が経験をシェアし始めているのに・・・)」

 

30年後の私「お前らは週休4日が普通なんだよなー。俺の若いころはな、週休2日しかなかったんだぞ。(ドヤァ・・・)社畜なんて呼ばれてて、残業や休日出勤まであったからなー。そのおかげで鍛えられて、ビジネスマンとして成長できたわけ。」

未来の若者の心の声「(休暇基準法を守るという当たり前をドヤられても・・・。そんなダラダラした働き方をしてきたから、今その程度の能力しかないんだろうな・・・)」

 

 

 

うーん、PC・インターネット・社畜関連で老害になる未来を想像してしまいます。

 

未来の若者に

「パソコンとか無駄っすよ。インターネットなんかいらないっすよ。」

と言われると、顔を真っ赤にして反論したくなるでしょう。

 

そう考えると、車や家族観を否定されている老害の人たちの気持ちが、ちょっとはわかりますねー。

 

やはり生きていくうえで大事なのは

「相手の価値観に干渉しない」

ということ。

 

これさえできれば、世代間ギャップがあっても、世代間闘争はあんまり起きないでしょう。

 

将来的にはミニマリスト老害のライフスタイル、みたいになってるかもしれませんねー。

 

何がどう変わるかわからない世の中、柔軟であり続けたいです。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村