まだモノなんか捨ててるの?

ミニマリストを煽る唯一のミニマリスト、しゃどみとは私のことです。

労働災害を最小化するためにはどうすればいいのか?

皆様、ついに今年もこの時期がやってきましたね。

 

どの時期かって?

もちろん「全国安全週間の時期」に決まっているじゃないですか。

 

中央労働災害防止協会:平成27年度 全国安全週間

以下引用、ヨシ!

全国安全週間は、労働災害防止活動の推進を図り、安全に対する意識と職場の安全活動のより一層の向上に取り組む週間です。 昭和3年に第1回が実施されて以来、一度も中断することなく続けられ、本年で第88回を迎えます。 この機会に職場における労働災害防止活動の大切さを再確認し、積極的に安全活動に取り組みましょう。

 

引用終了、ヨシ!

 

どうも、安全衛生委員会のしゃどみです。

2015年7月1日~7月7日は全国安全週間です。

ちゃんと知ってましたか?

 

 

労働災害は一度起こってしまうと取り返しがつきません。

悲惨な労働災害を最小化するために、どうすればいいのか?

ミニマリストで一度議論してみましょう!

 

まずは事例として、弊社の安全衛生委員会の取り組みを紹介させて頂きます。

・工場パトロール(安全保護具の着用が行われているか、等を巡視して確認)

・危険個所抽出(各設備の担当者に危険な箇所、危ない作業をリストアップさせる)

・危険予知活動(この作業を行うとき、どんな危険が予測されるかを話し合い、危険回避の教育を行う)

 

他にも色々やっておりますが、こうして抽出した危険事項を「改善」し、労働災害を最小化することが我々安全衛生委員会の役割なのです!

 

各部署から数名、総勢30人以上が集う我ら安全衛生委員会の活動のおかげで、どれくらい労働災害が減ったのでしょうか??

 

・・・、結論としてはほとんど減ってません。

毎年労災は起こるし、5年に一度は死亡事故やそれに近い事故が起きてます。

去年も弊社では、一人命を落としかけました。

 

 

どうすれば労災は減らせるのでしょうか?

そもそもなぜ労災が起きてしまうのでしょうか?

 

知識不足が原因であれば教育で改善できるはずです。

毎年集合教育や個別のセミナー等で安全に対して学んでいるはずなのに、労災は無くなる気配がありません。

 

結局のところ知識不足は本当の原因ではないんです。

 

一番の本質的な原因、それは

「人手不足による時間不足」

で間違いないでしょう。

 

なぜ労働災害が起こるか?

決められた安全な手順を守らず作業を行うからです。

新しい設備や薬品を使う際に、それらの危険性をちゃんと調べずに作業を行うからです。

 

なぜそんな手抜きをするのか?

人手が足りないからです。

人が減っているのに仕事が増え続けてしまい、

安全よりも効率を重視してしまうからです。

 

ですので、私が思う労災を最小化する方法は単純です。

 

「現場の人員を2倍にすること」

 

これさえできれば労災は一気に減少しますよ。

 

 

ですが残念ながらこれは現実的ではありませんね。

「工場での労働災害を減らすために弊社は人件費を多く使っています!

 なので他社品の五割増しの値段ですが、買ってください!」

って言われても誰も買わないでしょう。

 

発展途上国の人達の「フェアトレード」に興味がある人は多いでしょうが、

日本国内の一般労働者に対する「フェアトレード」はみんな興味なしです。

 

 

今の少ない予算で、なんとかギリギリで現場を回すしかないんです。

そのためには知恵を絞らなければいけません。

 

ですが、少なくとも形骸化した安全衛生委員会を結成することが、

労働災害を減らすために有効な手段とは思えません。

 

一体どうすればいいのか?

結論はまだまだ出せそうにありません。

今後の長い製造業社畜人生で考えていきます。

 

皆さんの職場で、労災を防ぐための面白い仕組みがあったら是非教えてください。

 

それではみなさま、本日の安全宣言は、

「ランキングボタンクリックヨシ!」

でお願いします!

 

「ランキングボタン、クリックヨーシ!」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 

全く共感が得られなさそうな記事を書いてしまった・・・