読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだモノなんか捨ててるの?

ミニマリストを煽る唯一のミニマリスト、しゃどみとは私のことです。

ミニマリズムと子育ては相性悪いんじゃないの?

子育て中のミニマリストの方はたくさんいらっしゃいますよね?

特にブログ村ランキングでは子持ち主婦ミニマリストさんが多いような気がします。

 

そんな子育て中ミニマリストの皆様に質問です。

 

「子育てとミニマリズムって相性いいの?悪影響を与えないの?」

 

いきなり挑戦的な煽り質問ですが、いかがでしょうか?

 

この疑問はミニマリストブログを始めてからずっと思っていたことです。

ミニマリストなんていうライフスタイルは独身の変わり者しかやっていないだろう。」

そう思ってランキングを見てみると子持ちミニマリストが多かったので驚きました。

「それって子供にとってはどうなの?」

そう思い続けて数か月、やっと記事にできました。

ミニマリズムが子供に悪影響なんじゃないかと思う理由を2つ挙げてみます。

 

①反動で将来マキシマリストになるんじゃないの?

自由な大人になった時、子供時代に抑えつけられていた感情が暴発することは珍しいことではありません。

親がマキシマリストだった反動でミニマリズムに目覚めた方も多いのではないでしょうか?

当然その逆もあり得ます。

少ない暮らし・最小限の暮らしで子供時代を過ごした結果、大人になってから物欲に目覚めてマキシマリストへ、十分あり得る話ですよね?

子供のころはある程度モノを与えて。モノに飽きさせることが必要ではないでしょうか?

 

②子供の選択肢が狭まるんじゃないの?

ミニマリストは「自分で選択した生き方」ですよね?

普通にモノを持つ生活も知っているし出来るけど、あえて持たない暮らしを選ぶ。

これこそが豊かさです。

もしもミニマリストしか選択肢が無い状態があれば、それは貧しいと言えるでしょう。

選べることが豊かさだと私は考えています。

 

選ぶためには他の選択肢を知る、もしくは経験することが必要です。

その知る機会と経験する機会をミニマリズム子育ては奪ってしまうのではないでしょうか?

 

簡単な事例を挙げさせて頂きます。

 

私は調理機器をフライパンしか持っておりません。

フライパン一つで自炊しています。

当たり前ですが、鍋やヤカンの存在も使い方も知っていますが、あえて選んでいません。

もしもライフスタイルが変わって、頻繁に煮物を作らなければならない状態になれば迷わず鍋を買います。

何故なら過去に使用した経験があり、鍋が煮物に適した調理器具であることを知っているからです。

 

ではもしも私がミニマリスト一家に育って、フライパンしか調理器具を知らなかったらどうなるでしょう?

煮物を毎日作らなければいけない環境下におかれても、フライパンで如何に効率よく作るかという無駄な試行錯誤をしていると思います。

「鍋を買う」という当たり前の選択肢が浮かばないのは致命的ですよね?

 

体重計が無い家で育ってしまうと、身長と体重の関係・体脂肪率基礎代謝・内臓脂肪といった概念を知るのが遅れ、健康管理においてハンディを背負ってしまうかもしれません。

 

時計が無い家で育つと、小学校で時計の読み方を習う際に不利になるかもしれません。

 

電子書籍しか本が無い家で育つと、幼稚園や学校で紙の教科書や絵本がうまく読めなくて困るかもしれません。

 

・・・と色々挙げましたが、あんまり上手い例えではないですね。

うーむ、なんて言えばいいのだろうか?

 

我々大人ミニマリスト

「そのモノの特徴・利点等全てを理解した上で使わないこと」

をあえて選んでいます。

存在そのものを消してしまうと、子供はそのモノの特徴等を把握できません。

あなたにとって不要なモノが、お子さんにとっても不要とは限りませんよね?

無駄なモノかもしれないが与える、存在を認識させる、その後選ばせる、この流れを与えてあげないと、子供にとってはよくないような気がします。

 

 

以上2点、どう思われますか?

 

まあ子供にまでミニマリズムを強要している人はほとんどいないと思いますが・・・。

 

子持ちミニマリストの皆様の御回答をお待ちしております。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村