まだモノなんか捨ててるの?

ミニマリストを煽る唯一のミニマリスト、しゃどみとは私のことです。

ダサくてセンスがない人こそミニマリストを目指すべき

みなさんはお洒落ですか?それともダサダサですか?

 

私はダサい人間です。

ファッション、インテリア共にセンスなし。

自他ともに認めるダサミニマリスト

ランキング上位のお洒落ミニマリスト達には嫉妬の炎を燃やしています。 

 

ミニマリスト=お洒落、厳選されたこだわりのモノ、なんてイメージを持っていませんか?

安心してください。

ミニマリストはダサい人間とも親和性が高いライフスタイルなのです。

その理由をファッションとインテリアの2点から説明しますね。

 

ファッション

御存知の通り、ファッションとは非常に難しいことです。

トップス、ボトムズ、アウター、アクセサリ、シューズ、これらをすべて調和させなければなりません。

1つでも変なのが混じっていると

「ダサい、垢抜けない、奇抜すぎ」

等々の心無い罵倒を浴びてしまいます。

 

これらを何セットか揃えて、状況に応じて着まわすことには世間のお洒落っ子たちでも苦労しています。

我々ダサっ子には無理でしょう。

 

でも安心してください。

ミニマリストは服装を制服化するライフスタイル。

たった1セットだけまともな服装があればいいのです。

 

今ある服の中から、1セットだけ最も自信のある服を残して後は捨ててください。

あとは同じ服を数セット買えばファッションは完成します。

 

え?どれを残せばいいかわからない?

では私からの簡単なアドバイスを・・・

 

①ガラ、文字が入っていない無地を選択

→無難が一番。英字プリントTシャツとか、チェックのシャツとか、ダメージジーンズなんて選んじゃダメですよ。

 ダサいのに、あえて難易度の高いことに挑戦しなくていいんです。

 

②サイズの合った服を選ぶ

→着ていて楽だからと言って、ちょっとブカめの服を着ていませんか?

 サイズの合っていない服を着ていると、子供っぽく or オッサンっぽく見えますよ。

 「サイズ感」さえ間違えなければ、ファッションで大失敗はしません。

 ↓を見て頂ければサイズ感の重要性はわかって頂けるかと。

 世界一わかりやすい脱オタクファッション指南│メンズファッションで洋服を一番オシャレに見せるサイズ感は? | うのたろう小説ブログくろおと

 

 スーツでダサい人ってあんまりいませんよね?

 あれはスーツのデザインやカラーがシンプルということもあるのですが、サイズ感が合っているということがダサくない最大の理由なのです。

 スーツは必ず店員さんにサイズを測ってもらってピッタリしたのを買いますよね?

 同じことを普段の服でもすればいいのです。

 

③ちょっと高い服も選択肢に入れてみる

→「たかがシャツに1万円も払うとか馬鹿じゃんwwwwユニクロの2000円シャツと肌触り同じなんだがwwwww」

 とか思ってませんか?

 高価なブランドシャツとユニクロシャツの最も大きな違いは着心地や耐久性ではなく、「サイズ感、シルエット」の違いなのです。

 ↓のサイトでユニクロシャツがサイズの割に如何に「デカい」か解説されています。

 自分に合うサイズが一目で分かる方法 -【クールメンズファッション】失敗しないコーディネート・着こなし・もてコーデ

 このせいでユニクロファッションはどこか「垢抜けない」印象に。

 大衆向けファストファッションは、

 「どんな体型の人でも、ある程度着こなせるように」

 少し大きめに作られている傾向があります。

 ユニクロがジャストフィットする体型であれば問題ないのですが、そうでなければ他を選ぶべきです。

 たまには高い服、着てみませんか?

 

 ④原色は選ばない

→赤、青、黄色、緑、オレンジ等々。原色を選んではいけません。原色はセンスある人にとっても茨の道なのです・・・。

 

まとめると、

「原色以外の無地のサイズ感のあった服を選べばオッケー」 

 ってことですね。

 

インテリア

ミニマリストはインテリアを考える必要がありません。

だって家具は全て捨てるから。

私の部屋を見てください。

インテリアも何もないでしょう?

 

 

インテリアで一番難しいのは「調和させること」です。

 

どんな家具でもデザイナーが

「カッコいい!カワイイ!お洒落!スタイリッシュ!」

と思って作ったモノであるはず。

 

よほどのことが無い限り単品ではダサくなりません。

周りと調和していなく、浮いているから変に思われて「ダサい」となるのです。

 

ミニマリストなら家具は1~数個程度しかありませんよね?

ということはよほどの地雷を踏まない限りダサくはならないのです。

 

 

 

 

 

 

選択と調和、これがお洒落で最も難しいこと。

「選ばなくてもいい、調和させなくてもいい」

これがミニマリズムがダサい人間にとっての救いになる理由なのです。

 

ダサマキシマリストの皆様、この記事を読んだなら今すぐダサミニマリストを目指しましょう!

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村