読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだモノなんか捨ててるの?

ミニマリストを煽る唯一のミニマリスト、しゃどみとは私のことです。

ミニマリストなのに読者数は増やしたい、そんな矛盾について

我々はミニマリストとしてモノを減らしています。

場合によってはわずらわしい人間関係も減らしているでしょう。

 

そんな我々(私だけかもしれない)が、実はある矛盾を抱えているということをこちらの記事を読んで気付かされました。

 


読者登録について - nico

 

ミニマリストとして、モノを減らしているんだから読者数も減らしたいのではないか?」

という明日ニコ氏の視点にはギクリとさせられ、読者登録数とアクセス数を気にする自分の浅ましさに赤面してしまいました。

 

ミニマリストなんだから、読者登録数も減らすべきかもしれません。

そもそもブログ自体やるなよという話になるかもしれません。

ですがやはり自分のライフスタイルを発信して、誰かを驚かせたいのです。

 

社畜として会社で日々否定されているんだから、ブログでくらいチヤホヤされたがってもいいじゃないか、

 そう開き直っていたのですが、またまた自分の浅さに気付かされる記事を発見してしまいました。

 


虚構世界へのカウンターだったはずのミニマリズムそのものが、虚構性を帯びつつある話。 - コヨーテの読書感想文

 

「行き過ぎた消費社会へのカウンターになり得るはずのミニマリストが、いつのまにやら消費社会に取り込まれてるのではないか?」

 

というコヨーテ氏の疑問提起、非常に鋭いですね。

合理的なライフスタイルとして必要にかられた先駆者がミニマリズムを始め、その合理性に憧れた先人がミニマリズムを広め、私のような一般人にもミニマリズムという言葉が浸透してきたのが現状だと思います。

 

私のような浅い一般人(私だけ?)は、自分の自己顕示欲を満たすためにミニマリズムを消費してしまっています。

これではコヨーテ氏の主張通り、商業主義に取り込まれてしまいます。

ミニマリストというライフスタイルはかなり特殊なので断捨離やシンプルライフほどは世の中に浸透しないとは思いますが、

入門本が発売されて、コンビニなんかにも置かれてしまうのは時間の問題ですね。

 

本当にこんな感じでミニマリズムを消費してしまっていいのだろうか?

そもそも自分はなんのためにミニマリストを目指しているんだろうか?

 

一度原点に戻って考えてみたいと思います。

  

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村