読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだモノなんか捨ててるの?

ミニマリストを煽る唯一のミニマリスト、しゃどみとは私のことです。

ミニマリストなら、人を疑うコストも最小化したい

ライフスタイル

みなさんは人を疑うコストを日常生活でどのくらい払っていますか?

 

私はかなり払っています。

 

具体的に言うと、モノを買うとき、サービスを受けるときにかなり多くの疑うコストを払ってます。

 

この店員は本当に私のことを考えて服を選んでくれているのか?

自分のノルマをこなすために高い製品を買わせようとしているだけではないのか?

 

この食べ物、本当に体に悪くないのか?

原材料はどこの国のものを使っているのか?

生産している会社は信頼できる大手なのか?

 

この店員が勧めるプランは本当に自分にとって得なのか?

もっと安いプランがあるんじゃないか?

このオプションは過剰品質なのではないか?

 

はてなブログProの月額約600円は高過ぎるのではないか?

有料サービスに移行させるためにわざと無料版の品質を低くしているのではないか?

 

などなど、こんなことを日々考えて生きています。

馬鹿馬鹿しいですね。非常に無駄な時間を過ごしています。

 

店員のいうことを信じて勧められるがままに金銭を支払う人を昔は馬鹿だと思っていました。

ちょっとインターネットで調べればもっといいものが安く買えるのに、店員に騙されて馬鹿だな、と。

 ですが最近考え方が変わりました。

馬鹿だと思ってた人たちの方がどうも幸せそうなのです。

 

そうした自分で考えずに他人を信じられる人間は、他人を疑うコストを払っていないのです。

少々お金は損するかもしれませんが、時間を有効にストレスなく使えるのです。

 

例えば携帯電話を買うとしましょう。

他人を疑うコストを払っていない人は1時間程度で契約が完了し、至れり尽くせりのプランと最新携帯電話による最高の携帯ライフが始まります。

 

私の場合ですと、色んな物を疑うために時間というコストを払っています。

更に疑う行為は疲れるので、心身に負荷をかけています。

その結果数千円程度安くなるプランを契約はできますが、調べるための膨大な時間、店員と交渉することにより消耗する精神力を支払っています。

契約後もランニングコストがかかります。

私は知識を得てしまうがために、もっと得なプランがあるのではないか?と契約後も調べてしまうのです。

結果、無駄な時間を使って落胆しているのです。

 

こんなにもコストを払っているのに、年間数万円程度しか得しません。

時給800円の学生ならともかく、時給2000円を超える社畜である以上もう世の中を過剰に疑うのは辞めた方がいいのではないかと考え始めました。

 

人を疑うコスト、 ミニマリストとして最小化すべきなのでしょうか?

それとも身一つで生きていくミニマリストである以上、どんどん支払うべきなのでしょうか?

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村